ComeuntoChrist.org 世界各地

モルモン書はだれが書いたのですか。

公式回答

モルモン書はイエス・キリストがほんとうに生きておられたこと,過去も現在も神の御子であられることについてのもう一つの証です。モルモン書には古代の預言者たちの書き物が収められています。その一人であるリーハイは紀元前600年ごろにエルサレムに住んでいました。神はリーハイに少数の人々を率いてアメリカ大陸へ向かうよう命じられました。彼らはそこで偉大な文明を築きました。

神は引き続きこの民の間で預言者を召されました。モルモン書は民の預言者,記録者の書き物を集めたものです。これらの古代の預言者の最後の一人であるモルモンの名にちなんだ書名となっています。

預言者たちは,子らに対する天の御父の計画とイエス・キリストの使命について知っていました。彼らは,キリストが復活後にアメリカ大陸の民を訪れて,福音を教え,教会を設立されたことを記録しました。この書物にはイエス・キリストの教えが収められており,主の贖罪と愛を証し,聖書を支え,確認しています。

モルモン書の最後には,この書物を読み,この書物について心から祈る人はモルモン書が真実であることを聖霊によって知ることができるという大きな約束が書かれています(モロナイ 10:4)。