ComeuntoChrist.org 世界各地

モルモンはなぜ死者のためのバプテスマを執行するのですか。

公式回答

イエスは罪のない御方であるのに,すべての正しいことを成就し,全人類に道を示すためにバプテスマをお受けになりました(マタイ3:13-17;2ニーファイ31:5-12参照)。従って,バプテスマは神の王国で救われるために不可欠です。新約聖書によると,使徒パウロの時代に死者のためのバプテスマが行なわれたことが分かります(1コリント15:29参照)。この儀式は,末日聖徒イエス・キリスト教会の設立に伴って回復されました。預言者ジョセフ・スミスが死者のためのバプテスマの儀式について初めて教えたのは,1840年8月に葬儀で話したときでした。預言者は1コリント15章から29節を含む多くの節を読んで,主はこの世を去った友人や親族の身代わりとして教会員がバプテスマを受けることをお認めになるであろうと話しました。そして,「救いの計画は神の律法の要求に進んで従うすべての人を救うことを意図している」と話しました(Journal History of the Church,1840年8月15日)。

地上にいる間に正しい権能によってバプテスマを受ける機会がすべての人に与えられたわけではありません。このため,代理によってバプテスマを執行することができます。これは生きている人が死者の身代わりとしてバプテスマを受けるということです。死者のためのバプテスマは世界中の神殿で教会員によって執り行われています。死者の亡骸がこの過程で何かされるのではないかと考える人が時々います。そのようなことはありません。これは誤解です。代理を務める人は死者の名前を使うだけです。重複を避けるため,バプテスマを施された死者の記録を教会で保管しています。死者のためのバプテスマが施されると,その死者の名が教会の会員記録に加えられると誤解している人がいます。そのようなことは行われません。